東京都内で一番安い小さなフォトスタジオ - ウルキキ写真室@新宿事務所
RSS

最新記事

IZUMO-TAISHA
IZUMO-TZISHA
IZUMO-TAISHA
IZUMO-TAISHA
カエルくん

カテゴリー

IZUMO-TAISHA
うまなり日記
ウルキキPR
おさどら
ゴールデン街
トピックス
信州散歩
写真撮影
動物
悲しい唄
新宿獣道
旅日記
植物
神社仏閣
花園神社
開運宣材
風景
検索エンジンの供給元:

マイブログ

あんたがたどこさ

●あんたがたどこさ  
「あんたがたどこさ」は、わらべ歌の中でも、代表的な手毬歌。手毬歌とは、幕末から明治期にかけた時代に生まれた歌で、手毬をつきながらリズムをとって、問いかける言葉と、それに答える言葉の掛け合いを歌う形式の、いわゆる「問答歌」である。
   あんたがた どこさ
 肥後さ 肥後どこさ
 熊本さ 熊本どこさ 
 せんばさ 
 せんば山には たぬきがおってさ
 それを猟師が 鉄砲で撃ってさ
 煮てさ 焼いてさ 食ってさ 
 それを木の葉で ちょいとかぶせ
    歌詞に肥後と熊本の地名が出てくるので、当初、熊本で生まれたわらべ歌といわれていたが、研究者の間では熊本発祥ではないという意見が多い。その根拠はというと、まず歌詞は熊本弁ではなく完全な関東方言であること。熊本弁は語尾に「〜さ」をつけない。次に、「せんば山」。確かに熊本には船場という地名はある。だが船場川はあるものの、船場山は存在しない。 では、それらの研究者がどこを発祥地と主張しているのかというと、武蔵国川越藩。現在の埼玉県川越市である。確かに川越には仙波町があって、今の地図には名称が載っているわけではないが、当時、川越城のある裏山を「仙波山」と呼んでいたという。 「川越説」を唱えた研究者による歌のできたあらましは、こうだ。江戸時代後期の幕末、薩長連合軍が倒幕のため関東を目指してやってきた。戊辰戦争が始まり、連合軍が川越の仙波山まで進行してきたときこと。普段みなれない、いかつい一団が町中をうろうろしている。その姿を近所の子ども達が不思議がり、「おじさん達、どこから来たの?」と尋ねた。たまたま尋ねられたのが熊本藩出身の官軍兵士で、そのときの子どもと兵士達のやりとりが、「あんたがたどこさ」になったという説だ。さらに、仙波山には、徳川家康を祀る「日本三大東照宮」のひとつ、仙波東照宮が置かれている。徳川家康といえば、いわずと知れた江戸幕府初代将軍だが、狡猾な策略を企てることから、ずる賢い動物の象徴である「たぬき」が、家康のあだ名である。 これらの事実と、お偉い学者さんが押すのなら、「川越説」が圧倒的有利と思いきや、実情はそうでもない。
 ここからは、「熊本説」の反撃だ。 冒頭で述べたように、この歌は問答歌。掛け合いの場面を「川越説」で訳すと、 「肥後って何処さ 熊本のことさ 熊本って何処さ 仙波山さ」 と、後ろの二節は、意味不明である。対する「熊本説」で訳すと、 「肥後の何処さ 熊本さ 熊本の何処さ 船場山さ」 船場山を「船場の丘の上」と解釈すれば、文法的でもつじつまが合う。 さらに「熊本説」が盛り返しているのは、地元の「熱」。 熊本市は、「あんたがたどこさ」のお膝元、ということを全面的にアピール。熊本市内の市電、洗馬橋停留所のホームには、「洗馬山のタヌキ像」が置かれ、電車接近案内時には、この歌のメロディーが流れている。また、停留所の目の前にある熊本中央郵便局のポストの上にも、タヌキ像がある。  さらに、芯にヘチマを使い、色鮮やかなフランス刺繍糸でさまざまな模様を施した「肥後手毬」は、熊本の名産品として、すっかり定着している。ゴム毬の普及で、すっかり廃れてしまった「肥後手毬」を伝承するための、地元の人々による、涙ぐましい努力があったのだ。
  一方の川越市には、研究者の主張以外、さしたるアピールポイントは見当たらない。地元の熱は、熊本と比べるとはるかに低い。「領有権」については、熊本がかなり押していると、言わざるを得ない。 追い打ちをかけるが、熊本の「あんたがたどこさ」には2番がある。
 せんば川には エビさおってさ 
 それを漁師が網さでとってさ
 煮てさ 焼いてさ うまがっさ 
「船場山はないから、船場川で歌を作っちゃえ」という展開だが、当時船場川で漁師がエビを獲っていた、という事実は確認できていない。 ちなみに、船場橋の欄干にはエビとタヌキをかたどった橋柱灯がある。         

あんたがたどこさに対する1件のコメント:

コメントRSS
iPhone6ケース 手帳型 on 2015年5月6日 18:04
そんな背面を守るのが『背面用保護シート OverLay Protector iPhone 6/6 Plus』です。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment